2019年11月番組審議会

2019-12-06

○阿部友美子より報告
・前回の審議会よりスタートした番組に関して
『Wonderful Live ~Presented by W PROJECT~』
11月よりスタート 毎週日曜日16時00分~ 55分番組
頑張る女性に癒しと明日への活力を与えられるようなライブを企画しようと、テレビ東京ミュージックの女性社員が立ち上げたのがW PROJECTです。
既に開催されたライブの模様を出演アーティストのインタビューと共にお届けします。
休日の夕方に、癒しの時間をどうぞお楽しみいただく番組。

ボンバーやまもとの『明日、行くのヤ~めた♪ ~Tomorrow decided (not) to go!~』
11月よりスタート 毎週日曜日19時00分~ 55分番組
不登校・いじめ・学習障害・発達障害の話題を中心とした明るい番組。一般的な行政の取り組みや当事者の話を紹介する番組ではなく、不登校やいじめにつながる、その子ごとに違う個性や特性が、今後の世の中に必要とされる話題を中心に話してまいります。
また、長期休み明けにはいじめや不登校による自殺を思いとどまらせるような特別番組も予定しております。

・今後スタート予定の番組について
スプレーアーティストの花嬢さんとジューレンジャー橋本巧さんの番組
12月よりスタート予定
毎週土曜日20時00分~ 25分番組

村野武範、剛たつひとの『飛び出せ歌謡曲』
2020年1月よりスタート予定
「青春ドラマ飛び出せ青春」のメンバー2人による歌謡曲番組

八王子市出身中山隆央の『TALK ONE』
2020年1月よりスタート予定
世界から見る日本をディスカッションをしていく番組

・終了する番組について
廣野竜一『HANG OVER』
林寛子・SHIGEの『寛子とSHIGEの部屋』
けいの家龍神丸市場オールスターズの『嬉しいなったら嬉しいな~』
FM世田谷のネット放送『健康エブリディ』

○審議委員からの報告
 地域のお店を回る番組『ふぅみんのご麺なすって』が面白い。FMの宣伝にもなるし、こういった地域を取材する形の番組をもっと増やして、八王子からどんどん盛り上げていってほしい。
 再放送の時間が多いように感じる。再放送をするなら別の番組や生放送をしてほしい。
 今後スポンサーになりたいと考えている方がお試しで1回や1月等お試しとして番組をやってみるような時間帯を確保するのも良い。相場より安い金額でまずは始めてもらう機会を作る。いきなり毎週1本でも継続していくのは難しいのではないかと思い踏みとどまっている方もいるのではないか。番組表などに、広告をだして反応を見る。
 10月より局の愛称を「FM星空ステーション」から「Tokyo Star Radio」へと変更したが、リスナーからの反応はあったのか。お祝いのお花をいただいたり、メッセージを受け取ったりした。また、地域情報誌のショッパーやよみっこで取り上げていただき地域の住民からお問い合わせの電話を受けた。
 八王子市の地域でスポンサーを探すのなら、愛称は八王子が付いたままのほうが良かったのではないか。八王子でスポンサーが見つかり次第多摩などに広げるため、FM星空ステーション。都内で見つけるのにTokyo Star Radioとするといった段階を踏むといった方が良かったのではないか。これに関しましては、日野市やあきる野市と防災協定を早期に結びたいという思いがあり、現時点でも調整中。
 何度か公開収録のお知らせがあり、その都度反響もあったようなのでより行えたらよい。最近では辰巳真理恵さん吉田栄作さんの公開収録、公開生放送をそれぞれ行った。
 八王子音楽祭の時の公開収録はすごくよかった。また八王子の音楽イベントを収録しに行ってほしい。その場の音とアナウンスがあれば面白い。
 生放送の一つを完全に地域情報のみの番組とするのはいかがか。
 早瀬久美さんの番組がやはり面白い。今後青春ドラマの番組の話もあり楽しみ。共演していた水沢由美さんもぜひ出演したいといった投稿を見かけたのでぜひ、出演していただけることを願う。辰巳真理恵さんの歌声が素晴らしいので、ぜひ今度東京楽団と組んで番組を制作してほしい。
 地域のイベントにもっと参加してほしい。以前はボランティアの団体があったが、現在はどうなっているのか。もしまだ活動中ならそういった団体にビラを配っていただいたり、音源を収録したりしてもらうのはいかがか。また、4、5月には伝承のたまてばこというイベントがあるのでそちらにかかわっていきたい。今年はオリンピックと絡めて大々的に行う予定となっている。
 市民センターなどでも番組表を見かける機会が増えた。しかし、ショッピングセンターなど新たな場所では見かけないのでぜひ、番組表を置いていただくことから始めてほしい。番組表自体はとてもワクワクする感じなのでぜひたくさんの方へ手に取ってほしい。

2019年9月番組審議会

2019-10-07

○中野健次郎より報告
・前回の審議会よりスタートした番組に関して
カフスメンバーとそのお友達の『cw・CCW』
平日毎日 8時00分~ 10分番組
八王子の企業がスポンサーとなっている。
ドローンやドローン大学、ドローンを普及させるという目的。
それにネットとラジオを繋げることでより災害対策に充てる。
山梨での事件などを踏まえて、人が踏み込めないタイミングにドローンで上空から人や動物など熱を持ったものを探したりすることで、災害時に迅速に情報を収集し聴取者に伝える役割などを将来的に担いたいと考えている。

志田清之の『奇跡のダイエット』
平日毎日 8時15分~
TVの健康番組が隠す禁断の事実を放送し、日本古来より伝わる奇跡を起こす扇を伝授する番組。

ワラワラ(仮)
毎週土曜日20時30分~ 25分番組

グラビティの『1分間は約60秒』
毎週土曜日24時00分 25分番組
ビジュアル系バンドの番組。歌やトークで盛り上げている。

ロック&ヒル ミュージック presents 瀬川玄 『クラシック音楽道場』
毎週日曜日15時00分~ 55分番組
音楽家/ピアニストで、作曲家/楽曲の解釈家でもある瀬川玄のクラシック音楽番組。楽曲は初級から上級まで取り上げますので、クラシック初心者から愛好家、プロアマ問わずリスナーの皆様に楽しんでいただける番組。

『天才キッズクラブ presents ワクワクチャレンジ』
毎週日曜日15時15分~ 10分番組
「ダメな子なんていない。すべての子どもが天才なんだ」のキャッチコピーでお馴染みの天才キッズクラブの田中理事長が、子どもたちのチャレンジを通し、元々持っている「生きる力」を育んでいくメソッドをご紹介する番組。

金子修介と中村由利子の『バックトゥー・ショーワヘーセー』
毎週日曜日20時00分~ 55分番組
『ガメラ』シリーズ『デス・ノート』などの人気作で海外でも非常に評価の高い映画監督・金子修介氏と、氏の監督作品(『1999年の夏休み』『百年の時計』ほか)で音楽を担当してきた作曲家・ピアニストの中村由利子が、昭和〜平成の歌謡曲について楽しいトークと選りすぐりの曲でおくる55分。
金子氏は「失われた歌謡曲」という本も書くほどの歌謡曲マニアであり、中村も大の歌謡曲ファン。
中村のピアノ演奏や、ゲストによる歌もお楽しみいただきます。懐かしい曲たちの中に新しい発見があるかもしれない!?といった番組

・今後スタート予定の番組について
『Wonderful Live ~Presented by W PROJECT~』
11月よりスタート予定
毎週日曜日16時00分~ 55分番組
頑張る女性に癒しと明日への活力を与えられるようなライブを企画しようと、テレビ東京ミュージックの女性社員が立ち上げたのがW PROJECTです。
既に開催されたライブの模様を出演アーティストのインタビューと共にお届けします。
休日の夕方に、癒しの時間をどうぞお楽しみいただく番組。

ボンバーやまもとの『明日、行くのヤ~めた♪ ~Tomorrow decided (not) to go!~』
11月よりスタート予定
毎週日曜日19時00分~ 55分番組
不登校・いじめ・学習障害・発達障害の話題を中心とした明るい番組。一般的な行政の取り組みや当事者の話を紹介する番組ではなく、不登校やいじめにつながる、その子ごとに違う個性や特性が、今後の世の中に必要とされる話題を中心に話してまいります。
また、長期休み明けにはいじめや不登校による自殺を思いとどまらせるような特別番組も予定しております。

・終了した番組について
松井五郎・中村由利子の『シネマの星空season1』
 匠『匠なスペシャルタイム~匠な世界へご一緒に~』
 モリエ『はちmamaハッピー』
 たまP『聞いてくだサイエンっす』
 赤松美音『美音のラジオやってます』

・開局3周年に向けた改編について
 番組枠が様々なジャンルの番組で埋まってきたこともあり、再放送の時間帯を移動やそのほか時間の調整等を行い、新番組を入れることができる枠を増やした。今後より多くの番組を増やしていきたいと考えての改編となりました。
 日曜日の午前中は特番枠として確保しておきたいと考えている。生放送にして音楽家の方を迎えるのも良し、2時間ぶち抜きで収録番組を放送するのも良い。10月中は八王子音楽祭にて公開収録した番組を放送予定となっております。さらに、今後中継車で公開生放送を八王子駅に出ていくなど様々な活用方法に充てたい。
 松井五郎・中村由利子の『シネマの星空』について、今回の終了はseason1として、今後再開予定となっております。また、番組へのメッセージ等から聴取者からの反応も良く、番組自体も良いため今回ギャラクシー賞へ応募した。結果については11月以降の予定。

・地域とのかかわり方について
 10月1日より愛称をFM星空ステーションからTokyo Star Radioへと変更した。変更理由としては、八王子市だけではなく日野市やあきる野市とも防災協定を結び今後災害等があった際に八王子FMが役に立てればという思いがあり八王子FMではなくFM星空ステーションとしていた。しかし、FM星空ステーションでは星がきれいに見える長野県やその他の地域のFM局と勘違いされることがあったためTokyoと入れることで、東京のラジオ局でなおかつ星がきれいに見える町ということを意識してTokyo Star Radioとした。
11月スタート予定の番組『Wonderful Live ~Presented by W PROJECT~』と合わせまして、八王子で年1回程度大きなイベントをやりたいと考えている。女性のための番組で、イベントと連動しており現在も150名程度のイベントを3カ月おきに開催している。
 9/27まで開催していた八王子音楽祭に関しまして、公開収録またJAZZレコードの貸し出しという形で協力できたので、今後もふれあい財団はじめカフス、八王子のスポンサーを増やしていきたいと考えている。現在商店街がシャッター街になりかけている、そこの経営者たちがCMを出して商店街が活気づけばより良い。

○審議委員からの報告
 ふれあい財団との協力で八王子音楽祭に参加できたことは良かった。今後さらに協力していければより良い。さらに、カフスは八王子の様々な企業と連携をとっているためそこから和が広がるとより認知度も高まっていくのではないかと期待する。そこで、より地域に密着した番組が増えてくると嬉しい。
 八王子に関していうのであれば、観光協会や観光課と協力して観光名所などを紹介する番組をやるのはどうか。
 今回千葉県の台風被害の際にコミュニティFMが活躍した。一度放送が止まっても、市役所に臨時のスタジオを作り、放送することで地域の方々へ情報が伝わるようになった。この経験を自分のものとして生かし八王子もより協力的になればより良い。

2019年7月番組審議会

2019-08-07

○社長より報告
・前回の審議会よりスタートした番組に関して
『宮北結僖の心に響く話し方「ことひび」』
平日毎日 8時〜 10 分番組
22 年の役者のスキルをベースにした「話し方オリジナルメソッド」このあとすぐ使える
話し方や、意識できるコミュニケーションのスキルをひとつずつお届けします。
『モリエのはち mama ハッピー』
毎週火曜日 11 時〜 25 分番組 八王子の子育て中ママに寄り添いながら「ココロとカラダの健康」「子育て情報」「お悩み相談」などの情報発信をする番組です。
『オカメガのデッパチューン!!!』
毎週木曜日 19 時〜 55 分番組 オカマとメガネがお送りする、喋りっぱなしの 55 分!
『吉田栄作のヒューマンタッチ』
毎週金曜日 24 時〜 55 分番組 この度ご縁があり久々にラジオの番組を持たせていただくことになりました。 多分四半世紀ぶりです(笑)せっかくなのでダラダラ普段着モードで特にコンセプトも決めずにやら せていただこうと思っております。聴取者の皆様にも広くお便りメールを頂戴できれば嬉 しいです。どうぞ宜しくお願いします。
『壮紫〜soushi〜の「らりるれ、ラジオ。」』
毎週土曜日 13 時半〜 25 分番組 テーマは『癒し』。壮紫があなたの心を安らぎに誘います!壮紫のラリルレラジオを聴いて、清々しい日々をご一緒に。
『のんちゃん猫になりたい』
毎週日曜日 8時半〜 25 分番組 のんきなのんちゃんが、旅に出た時のお話。
・今後スタート予定の番組について
『ジャズ番組』毎週土曜日 20 時〜 55 分番組
『朝番組』平日毎日8時 10 分〜 15 分番組
『昭和歌謡番組』放送時間内容について交渉中
『ビジュアル系バンドの番組』毎週土曜日 24 時〜 25 分番組 5人組のバンドで、音楽とトークで盛り上げる。
『ラーメンコーナー』生放送内10分のコーナー 月2回程度
・終了予定の番組について
『Moonlight Cruising』毎週火曜日 24 時〜 55 分番組 8月末にて
・10 月に開局3年目を迎えるにあたり 来年秋には免許の更新が全国のラジオ局でスタートする。それを見越して今年 10 月より大幅な番組表の改定を行う。経営体制に関しても報告対象となるため、スポンサー枠に関し てより増やしていきたい。短い 10 分番組からでも良い。それに伴い、現在再放送をしてい る時間帯を新たなスポンサー枠として提供するため、再放送の時間帯を超深夜(2〜5時) に移動を検討中。また、現在 55 分番組を 25 分番組へ変更するなど、いくつかの番組で相談中。
9月 21 日〜八王子音楽祭に際し、八王子市学園都市文化ふれあい財団と協力しジャズレ コードの貸し出しやパーソナリティの参加をする。その模様を公開収録し、10月中に特別 番組として放送を行う。放送日については次回の審議会までに決定し報告する。
3周年記念パーティーに関しては、身内だけで開催予定。こちらから招待した方と千人同 心のサポーター会員から1組招待する。ゲストなど内容に関しては現状未定。

○審議委員からの報告
ふれあい財団とのスポンサー協力は良い、今回特別番組として放送とのことだが、今後は継続的に放送ができるようになればより良い。前回の番組審議会でパーソナリティの個性 をだし、娯楽番組としてスタートした Café Terrace Live が、コンセプト通り元気があって 落ち着いた番組と差別化されていてよい。
音楽を流している時間帯に吹奏楽を放送してほしい、吹奏楽コンクールの課題曲など。八 王子にはたくさんの吹奏楽団がある、八王子学園、片倉学園、新八王子ウィンドオーケスト ラ吹奏楽団など。
新コーナーのラーメンは楽しみ、はち麺会というものがあるので、そのあたりを参考にし つつ地域に密着できれば良い。月2回程度とのこと、より回数を増やすためにゲスト出演の ように毎回紹介するラーメン屋さんにスポンサーとなっていただくのはどうか。また、商工 会議所とのつながりを生かし、商工会に参加しているラーメン屋さんを紹介してもらうこ とも検討できる。
話し方からお笑い芸人がやっているであろう番組が笑えない。また、今回のようにお笑い 芸人がやっている番組だろうと、推測するが番組名が不明ということがよくある。コーナー ごと、10 分おきになど番組名のジングルやサウンドステッカーを入れて番組名を周知しないと、次回聞くことも難しい。聴取者を取りこぼしかねないので改善してほしい。こちらに 関しては各制作担当者に通達し、今後改善していく。
パーソナリティに関して、人称と話し方に差がある方がいる。話の入りの丁寧さと内容に ギャップがあり、また、話終わりに笑ってしまう癖がある。一度気になると内容が入ってこ なくなってしまうので、今後パーソナリティの育成にも力を入れてほしい。こちらに関して は放送を自分で聞くことにより、自分のくせに気づくことができるためまずは自分の放送 を聞いて改善をしてもらう。また、気になった点に関してパーソナリティへ伝えて改善を促 す。
『プラネタリウム〜夜空を見上げて〜』や『おしゃべり美術「びじゅツイート」』は音声 だけで聞くことにより、天体の状況や絵を想像するから頭の体操になり良い。流し聞きする よりしっかりと落ち着いて聞きたい番組となっている。

2019年5月番組審議会

2019-06-01

○6月スタートの番組について
・『吉田栄作ヒューマンタッチ』(金曜24時~)
 事務所を辞めて、情報発信の場としたい。
 ありのままの姿をお届けする。
・24時からということは若い人向けか。
 もう少し早い時間帯にやっていただけると世代の方が聞けるのではないか。
 再放送があるなら、土日の昼間にやってほしい。

・『モリエのはちmamaハッピー』
 ママになった時に、一人で悩んでしまうことがある、そんな時に悩みや体の変化をお伝えする番組。また、八王子市の取り組みやイベント情報をお伝えする。パーソナリティがリスナーの質問にお応えするコーナーやゲストをお迎えして情報交換や専門家からのお話をお伝えする。
→八王子市がやっている子育て支援の情報も取り入れてほしい。
 八王子、日野市などの既存団体とうまく共存してほしい。

・終了した番組について
もんきーちゃんねる夜な夜な世間ハナシ
Sake 2 Me!(7月スタート予定)
芸者の番組を復活させてほしい。
調整中の番組がいくつかあります。

○放送に関して
・日曜日の夕方の生放送枠は新人教育の場としている。
・現状17時までで生放送が終わるが今後夜の時間帯も生放送ができたら良い。
 最終的には20時くらいまで。
・もっと市の情報(催し物や講座など)を伝えてほしい
→現状広報はちおうじの時間がメインとなっている、フリーペーパーや八王子市のHPから情報を得ている。スポンサーとの差別化を図れていないのではないか。そこがスポンサーになってくれれば可能。
・年配の方が多く聞いている印象があるので、早口ではなく、ゆっくりはっきり話してほしい。
→生放送のパーソナリティにはお伝えします。
・リスナーからのメッセージは増えているのか。
→以前よりは増えているが、パーソナリティのファンが多い印象。
・八王子の状況をお伝えする瞬間があるのが良い。
 海外で聞いている方もいて、桜が咲いたとか、駅の周りが変わったとか些細なことを伝えてくれているのが良い。
・八王子のスポーツ(高校野球など)を取り上げる時間を復活させてほしい。
 八王子で活躍されている方を取り上げるコーナーがあればよい。
→八王子市のレクリエーション、スポーツ振興課と交渉。
・収録番組においてスタジオ収録と外収録が1つの番組内にあると、放送内にギャップが大きすぎて聞きづらいためどうにかできないか。また、ホールなどで収録したものは反響が大きいもしくはこもって聞こえてしまう。年配の方は低音が聞き取りづらくなる。はっきりゆっくり話してほしい。
→放送局としては全体の音量調整しかできない。
番組がわかれば制作担当者へ連絡する。
・朝の時間帯に再放送があるのが良い
以前は音楽番組が多かったが、やはり再放送でも人の声が聞こえる方が良い。
・音楽番組に関しても流行りの曲が流れ始めたのが良い。
昔の曲をずっと放送しているのも良いが、
様々な番組があった方が幅広く聴取者が増える可能性が高い。

○スポンサー情報
・大和田にできたラーメン屋さんでずっと八王子FMをかけてくれている。
 そういったところに番組表を持って行くと良い。
・生放送にゲストとして出演する方法をもっとPRしてほしい。
 パッケージが決まれば審議委員の方からも周りの方へ声をかけやすい。
・新番組に関しても進行中のものがあります。
 収録番組に関しては、現状音楽を放送している時間帯。
また、生放送に1コーナーとして枠を買っていただくものがある。
・市のブランドメッセージがまだ定着していないのでそこをもっと市と協力するのが良い。

○イベント情報
・八ヶ岳FMと協力したイベント「88プロジェクト」を7月と11月に行う。公開収録イベント。
・その他、公開収録をやりたいとのお声をいただいているので、計画中です。
・10時台の生放送パーソナリティが好きなので、パーソナリティを集めたイベントを開催してほしい。

○今後の周知方法に関して
・ペライチのものを配布させていただいたのは、4月クールを印刷する段階で印刷会社の都合により冊子のものが少なくなってしまったため。7月クールのものは元の数印刷する予定。また、ペライチのものも印刷し配布する。新聞折込も6月中に行う予定。
・何かイベントを主催するのではなく、市やコンベンション協会、ふれあい財団などが主催するイベントにブースとして出店しPRするのが良い。
・八王子市が開く記者クラブなどの情報は届いているのか、届いているのであれば会社として出席していくことで、記者内での認知度も上がる。
・番組編成全体を見たときに地域密着からは遠のいているのではないか。
 生放送ではしっかりと伝えていきたい。
・生放送へゲスト出演するという形で、町会やイベントなどを宣伝する。
 15分3千円という枠があるということをもっとPRしたほうが良い。
 生放送に市民が出ることにより反応を得ることも良い経験かもしれない。
 町会のお祭りの宣伝や町会への参加を促すゲスト出演なんかも良い。
 最終的には町自連なども巻き込んでいきたい。

2019年3月番組審議会

2019-04-11

 高齢者のサポートを行う企業、新聞・牛乳の配達を行う企業で、その際に新聞がたまっているなどの異常を見つけたら声掛けなどを行う。また、新聞を取っていただいているかたのお手伝い(電球交換など)をサポートする、ということをアピールする番組。

5月から調整中の番組がある。金曜24時~の予定で現在は星空音楽会を放送中の枠。
新番組として自社制作を増やしたが、今後八王子市と協力してスポンサーの獲得を進める。また、趣味、法律、語学、昔語りなど様々な種類の番組が増えてきたので、それに興味がある人を集めたい。また、その人達をターゲットにしている企業をスポンサーにしていきたい。

・生放送に関して
 今回お昼の時間帯に生放送を1時間増やしました。新人パーソナリティの個性を打ち出した番組を放送。個人コーナーやフリートークがメインとなる。パーソナリティのレベルを上げていきたい。朝、夕方は手堅いパーソナリティを残したためまじめな番組が多くなった。そこで、お昼に砕けた番組をお届けしたいと思い今回のキャスティングとなった。

・番組表に関して
4月からの番組表ができた。
これまで冊子のもののみを作成していたが、今回から1枚のものを作成している。
初めて手に取ってもらうかたに冊子だと折ったり、持って帰ったりするのに負担がかかるのではないかと考えたため。
 表紙、裏表紙と番組表のみを記載している。
 番組表に広告を出してくださるスポンサーへは冊子のものを配布し、これからスポンサーへなっていただきたい企業やお店へは1枚のものを置いていただく予定。

・今後の周知方法に関して
 新聞配達を行う会社の番組が始まるため、新聞折り込みを行う。配達地域は限定されるが、約1万部を予定している。内容としては1枚ものの番組表の表紙はそのまま、裏表紙を77.5MHzをアピールしたもの。もしくはFM星空ステーションの聞き方をアピールしたものへ変更したもの。
 地域密着型のスポンサーが少ないためそこをゲットしていきたい狙いがある。また、八王子エリアの情報をしっかりお伝えしていきたいので、八王子エリアのスポンサーをもっと増やして災害や有事の際に市民に貢献できるようにしたい。スタッフの増員も考えたときにもっと企業としての体力をつけたい。防災無線などにかけている予算を少しでもこちらへ割いてもらえるよう最後の砦として成長していく。
 番組をやりたいという問い合わせは多いが広告が少ないため。番組で自分をアピールしたい方ではなく八王子を守るためにみんなが協力してくれるような体制を作りたい。
 タウンニュースやショッパーといったフリーペーパーに広告を出すのも良いが、フリーペーパーを自社で作成していきたい。知ってもらうために何か行動を起こしていきたい。それに関しては番組表を置いてもらうのが一番良いと思うが、新たなネットワークも構築していきたい。
 今後著名な方の公開収録をしていきたい。サテライトスタジオに集まりすぎると道路混雑などを招いてしまう可能性があるため、駅前や日本閣さんなど場所があれば提供をお願いする。

・審議委員からの報告
昔語り番組が好評である。聞いているという反応をよくいただくため興味のある方が多いように思う。八王子の新たな一面を見られるので今後も続けていただきたい。
 新しいパーソナリティの育成がうまくいけばよい。
 八王子FMがあることの周知は少しずつではあるができている。しかし、周波数の周知がうまくいっていないように思う。今後77.5MHzをアピールした広告やポスターを作成してほしい。また、審議委員という名目で広告などの宣伝を行いたいので名刺を作成させてほしい。現状、広告などの話をする際に根拠になるものがないため。
 新しいPR方法なら、商工会議所がスポンサーにいるため商工会議所の会報に入れるのはどうか。配布対象が企業になってしまうが、新聞折込よりも読んでもらえる可能性がたかい。新聞折込だとほかの広告と一緒に捨てられてしまう可能性が高いと思われる。また、企業に知ってもらうことで経営者から口コミにて広がるほうが、聞いてもらえるのではないか。今後検討する。
 現状収録番組を含めて固い番組が多いように感じる。娯楽性のある番組を入れたい。競馬や競艇などプロの方ではなくてマニアの方が熱くかたるような番組。吉本の芸人が生放送に入るのでお笑い番組は検討している、それに合わせてお笑いライブの中継やイベントの企画をしている。
 これまで音楽番組が多く感じたので、今後埋まっていない枠を別の形で埋めてほしい。しかし、最近は3日まるまる聞いていても飽きないようになったので様々なチャンネルができてきたのではないかと思う。

2019年1月番組審議会

2019-02-01

・1月からの新番組に関して
ティーチャーYAMAYOのXラジオ
マイラッキーチャーム
名称が変更された番組
HANG OVER
たまPの聞いてくだサイエンっス!

・生放送に関して
BGMの変更により全体的に明るい雰囲気へと変わった。
スタジオメンテナンスにより雑音が減った。
市内の方からもパーソナリティが一個人として認識されている。
メンテナンスにより生放送が休止していた期間寂しかったが、再開して嬉しい。

・パーソナリティの育成に関して
来期以降のパーソナリティ育成を始めたい。
現在昼の時間帯に生放送を任せられる人材が確保できていない。
これまでパーソナリティの育成まで手が回っていなかったので、特定のお店や商品を紹介してしまうことがあった。
今後はそういったことがないよう育成体制を構築する。
育成ができた方には生放送パーソナリティーとして活躍していただく。
さらにゲストとして出演する際には出演料をいただくことにした。
パーソナリティが一個人として認識されてきたことから、より八王子エフエムの顔になってほしい。
さらに、現在活躍しているパーソナリティの方でも緊張してしまって、トーク内容や面白さに気が向いていない人がいる。
15-17時のスマイルウェーブはスタッフ枠として八王子市の情報を発信している。
そこに、育成されたパーソナリティを組み合わせ今後は2人体制で放送したい。

・朝の音楽番組に関して
朝の通勤時間帯に聴取する方が多いので明るい音楽の選曲にしてほしい。
暗い曲を選曲している日がある。
では、収録番組の再放送のほうが良いか。
収録番組に関しては、夜(本放送)時間帯をターゲットに番組作成をしているから内容が朝の雰囲気には合わない可能性が高い。

・2月からの取り組みに関して
朝6時台は落語にする。
新番組として
土曜日13時からこども仕事辞典
日曜日21時から林寛子の新番組(仮)
スタジオメンテナンスに関しては一応終了。

・今後やっていきたいことに関して
1周年を迎え新たなジングルを公募したい。
さらに、千人同心や防災一口メモなども市民に浸透してきたので内容の変更を考えている。
番組としては語学番組や昔話が始まったので、歴史・サイエンス・ホビーに関するものを始めたい。
歴史であれば郷土資料館とサイエンスに関してはコニカミノルタサイエンスドームなどと協力していきたい。
また、八王子市とより協力して市民の皆様へより有用な情報を提供してほしい。

・クールチョイスに関して
2018年7月から放送しておりますが2019年2月をもって終了となります。
来年以降もこの取り組みに参加していきたいと考えている。
今回東京都で採択されているのが八王子エフエムだけのためモデルケースとして紹介される可能性があります。
さらに著名な方がCMをしているため宣伝効果が高いとの評価を得ている。
今後放送に関するアンケートなどを行う可能性がある。

2018年11月番組審議会

2018-12-01

(1)社長からの現状報告
・まず現在の番組表について11月末まではこの通り。
・12月より機器メンテナンスのため平日朝と昼の生放送が中止となる。
・1月より生放送番組を厳選し、パーソナリティの育成に力を入れていきたい。
・1月期の編成に関して収録番組の増減可能性有。

 (2)放送番組審議委員会の皆さまのご意見
・番組内容に対する指摘はない。
・感想が出てこないということは電波や音量など放送が安定してきた。
しかしそこから感想が聞こえてこないのが気になる。

・聞く人が限られてくる可能性がある。
 →ホビー番組などこれまで興味が薄かった層へのアプローチを考えている。
  1月からは八王子昔話を始める。
  これは地元八王子の語り部と共に行い、八王子の昔話というだけではなく文化を次世代に継承していくという目的にも合致する。
  他には、車や歴史などさまざまな趣味を語る番組をやりたいと考えていえる。語る人とスポンサーが見つかり次第行う。

・聞くタイミングにより音楽を流している時間が多いと感じる。
・もっとパーソナリティの声を聞きたい。
しかし、トークや原稿読みが不安定な方が話していると内容に集中できず下準備をしっかりとしてほしい。
→1月よりパーソナリティと番組の質を高めるために大幅に編成を変える予定。
 これまでは、開局初年度ということもありボランティアで市民の方を迎えたり枠を埋めることに注視していたりしたが、これから2年目はしっかりと番組しいては局の顔として番組を担当してもらえる人を起用する。

・番組終了時に意味のない音楽が流れ番組の切れ目が分かりづらい。 

2018年7月番組審議会

2018-08-01

・7月から環境省が推進するクールチョイスの放送が始まった。
・10月から日本酒の番組、美術番組、新しい音楽番組、オーディション番組、国交省による災害対策の交通情報等の放送が始まる。
・開局時と比べてだいぶ番組が安定して来た。今度は、街に出てインタビュー中継などもして欲しい。
・学生とコラボした番組もやって欲しい。
・朝の通勤中、音楽番組が流れていて心地よいが、北野あたりで電波が途切れる。
・パーソナリティの情報の伝え方が怖く聞こえる時がある。
・警察、消防署等からも放送依頼があるが、予算がつかない。予算の無い中でどう対応するかを検討中。
・1周年なので、何かイベントをやって欲しい。
・台風で浅川が氾濫することがあるが、そういった情報はすぐに流してもらえる?

7 審議機関の答申又は改善意見に対してとった措置及びその年月日(答申又は改善意見の内容及びその年月日を併せて記載すること。)

・現在、大学生主体の語学番組を企画中。
・これまで人員が確保できればイベント時に電話中継を実施して来た。今後もできるようにして行きたい。
・パーソナリティに伝え方の指導。
・1周年企画で、八王子みなみ野の野外ステージでのイベントを企画していたが、自治会長から承認が降りなかった。また別の企画を検討中。
・台風等、災害時は、市役所から情報が来たものは放送している。

2018年3月番組審議会

2018-04-01

(1)番組改編について
・八王子の芸者衆がお送りする番組「八王子芸者のチントンシャン♪」が
 4月から始まる。八王子伝統の芸者衆の番組ができることが嬉しい。
・八王子出身の伊達めぐみさんの番組も4月から始まる。
・あべ静江さんの番組も4月から始まる。
・現在配布している番組表と少し変わって、平日の生放送が増える。

(2)委員の番組への感想と要望、またそれに対する対策
・よく聞く番組は土曜日放送の「早瀬久美のあの日をもう一度」だが、
 若い男性と早瀬さんの話が噛み合っていないときがたまにあるのが少し残念。
・様々な番組があり聞いていて充実していると感じる。
・楽しく放送を届けることと、騒ぐことは別だと思う。10代のグループが
 ゲストで出演していた回はうるさく感じられる場面があった。
・パーソナリティによって声量の差があり、声が小さくて聞こえにくい人がいる。
・ラジオは目が不自由な人にとって大きな情報源となっている。
    視覚障害者の方に向けた点字版の番組表があることや、
その番組表をどこで入手することができるか等をもっと放送の中で
発信できるようになると良い。
また、そういった情報発信を市とも協力してできると良い。
   ・スポンサーをもっと集めていきたい。
   ・開局当初と比べると、声のボリュームが人によって違っていたところや
    声が部屋にこもってハウリングを起こしていたところが改善されており、
    聞きやすくなって嬉しい。
   ・お年寄りは高い音や低い音が聞き取りにくいので注意すべき。
   ・はちスクプロフという小中学校を紹介する番組は、主婦として聞いていて
    とても楽しかった。子供にとっても思い出になる。来年以降も続けてほしい。
   ・MCが楽しく放送を届けることは良いが、ニュース原稿を読むときは
    きちんと切り替えてほしい。読み間違えやつっかえなどが多いので全体的に
    原稿読みのレベルを上げてほしい。

2018年1月番組審議会

2018-02-01

(1)社長からの挨拶
   ・八王子エフエムの愛称が決まった。
星空が綺麗に見える地域なので「FM星空ステーション」に決定した。
   ・これからは若い人材を中心に動かしていきたい。
   ・今後は生放送番組もより増やしていきたい。
   ・ボランティアスタッフも積極的に募集していきたいが、
その一方で、メインのパーソナリティはきちんとした体制でおくようにしたい。

 (2)放送番組審議委員会の皆さまのご意見
   ◆番組を聞いている感想
     ・最初は年代層が上であるイメージが強かったが、最近は改善されてきた。
      幅広くなってきた印象で良いと思っている。
     ・エリアによって放送が聞きづらい。(特に北野)
      最低限市内は聞こえたほうが、もしもの時に安心なのではないか。
・最初は生放送がたどたどしかったが、最近はスムーズになってきた。
・日中の音楽番組で一枚のCDを流しているように感じる時があり、気になった。最近は改善されてきている。
・一月から番組の編成が変わったが、良くなった印象を受けている。
   
   ◆局側への要望
     ・八王子で活躍するバンドであるフラチナリズムの番組などもあり
      充実しており、現段階で番組への要望は特にない。
     ・八王子エフエムの認知度をもっと高めていくために車のステッカーなども
      積極的に配布していくと良い。
     ・ボランティアにより多く八王子市民の人を採用していくと良い。

アスタエンタテインメントうさぎや遊山(八王子みなみ野のステーキハウス)アクアネミュー(水槽 通販)URBAN FOREST STUDIO JAPAN(音楽スタジオ)株式会社あなみず(家庭用畳専門店)医療法人社団永生会Cotton House ちゃちゃ(八王子のパッチワークキルト専門店)旭苑(西八王子の和菓子店)
Copyright© Tokyo Star Radio 77.5MHz All Rights Reserved.